読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界一周というフレーズが嫌い。

ひきこもりニートが社会復帰してまた離脱して世界一周じゃなくて少し長い海外旅行してます

30.Aug.2016 バラナシ、サルナートへ


この汚い街でATMを使わなければならない。
ちゃんと動くのか不安すぎる。。

メインストリートまで出るとわらわらと声をかけてきてしつこくてうざい。
ATMは狭い個室内に警備的な人がいた。
なんとなく安心感。
上限額は10000ルピーだった。

アグラからデリーまでの列車予約をしようと昨日のチケット屋に行くが閉まってる...
そしてまたうざいインド人に絡まれて別のチケット屋へ。
チケットはある。しかし高い。距離近いのに。
ランクを1つ下げて1300くらい
ペイナウでチケットは12時以降にこいと。
全く信用できない...
でも宿の人も信用できないからもう払おう。疲れた。
とりあえず宿に戻ってチェックアウト。

ちょうど日本人の大学生と鉢合わせになる。
宿を変えて日本人宿に泊まると言うので付いていってみる。
たどり着くと中にはうじゃうじゃ日本人の若者がいた。
フロントは日本語ぺらぺらなインド人…

っていうかあんた昨日のぼったくりスカーフ屋の兄ちゃんやん!!笑

奥から出てきたオーナーは普通に日本人。

お前らグルなのか…?笑


日本人宿サンタナ

多分有名な宿なのに。

 

オートリキシャを探してサルナトへ向かう。
宿の人から300~350と聞いていたが、400でOKする。
少し走ってからサルナトは遠いから600だ!とか言ってきたので降りる。だるい。
一方通行を戻る方に歩く。
オートリキシャを降りて付いてくるインド人。
ヘイフレンド!ハウマッチ!
まじでうざい。
うざすぎたけど歩くのがだるくてもうインド人と絡むのがだるくて500でOKして再度乗車する。

目的地の少し手前で止まる。
ユーセイサルナト。ヒアー。
奥の目的地までは歩けと。ツアーしてほしかったら、、
だるい。降りる。
1時間後にここねと言って歩くと付いてくるオートリキシャ。
うっさいんじゃぼけ!と1度言ってしまう。
そのあとも付いてくるけど無視しておく。

ストゥーパはでかくて迫力があったけど、物足りない感じもあった。
ブッダはここのどこで初めての説法を説いたのだろう。

一通り見学を終えて、僕はまたあの場所まで歩いて戻る。
途中からオートリキシャが乗れ乗れと言っているが無視する。
約束の場所に約束の時間より少し早く着く。
アイセーブプロミス。

無事に戻って500でサヨナラ。
散髪屋を探して歩いてるとチケット屋を案内してくれたインド人に遭遇する。
とりあえずチケットを確保しに行く。
WLじゃなくてちゃんと席番号がある。
よし、とりあえず乗れる。
ただこれあとでよく見ると630ルピーって書いてるね。
半分手数料やん。
これが噂の列車チケットぼったくりか。

まぁもう乗れるからいい。

散髪もぼられる笑
切り終わったあと2000ルピーだって、ふざけんな笑
日本だと3000ルピーでしょってよくご存じで。でもここインドだから。
特に面白い髪型にもならず、普通にカットされたので1000ルピー払う。たけー笑
QBに行ったってことで。

宿に戻ろうとするとチップくれとかのたまうので散髪屋から貰えと言っておく。

いっぱいお賽銭したな~
さっさとこの街から去ろう。
電車の時間までまだまだだけど駅に向かう。

すると約束を全く守らないさっきのオートリキシャと遭遇。うざい
まぁでももう乗る。
250ルピー。高すぎちゃうか
50で行けるはず。

でももういい。
僕のグッドマントラはこの街で相当貯まったのではなかろうか。

快適と聞いてた夜行列車は冷房が寒かったり暑かったりで全然快適ではなかった。

はよこの国を出たい。