世界一周というフレーズが嫌い。

ひきこもりニートが社会復帰してまた離脱して世界一周じゃなくて少し長い海外旅行してます

7.Sep.2016 岩のドーム、ベツレヘム、へブロン

 

f:id:yskp:20160919204538j:image

朝イチで岩のドーム(神殿の丘)へ向かう。
ものすごい行列の写真とか見てびびってたけど、まったく誰も並んでなくて入場ゲートここであってる?って感じでした。

 

気になってた謎の木製歩道橋を渡る。
f:id:yskp:20160919204018j:image

なんでこんな不細工なことをしてるんだろう。

聖地にこんな不自然な似つかわしくない歩道橋なんて作ってていいの?

 
f:id:yskp:20160919214445j:image

公園みたいな開けたところに、あった岩のドーム。
金の帽子ばかり目についてたけど、近くでみるとブルーの装飾がとても美しい。

写真OKで動画NGらしい。ジョジョ立ちしたら怒られた。
たしかにホーリープレイスだもんね。
リスペクトが欠けてました。
ごめんなさい。

祈ることも禁止らしくて、帰りに一礼したら怒られた...
ノットプレイ!ジャストリスペクト
でもリスペクトするんだったら頭さげるのもダメだと先に調べてからこなきゃダメですね...
反省です。。

宗教は嫌いだ。

 

昨日も食べたファラフェル6シュケルを買ってダマスカスゲートへ向かう。
ゲートを背に左斜め前のバス停の24番乗り場で234のバスでベツレヘムへ6.8シュケル

こっち方面。
f:id:yskp:20160919204947j:image
f:id:yskp:20160919205111j:image

爆睡してしまい終点で起こされる笑
ベツレヘムが終点でよかった笑

ここのタクシーの客引きはインド人並みにしつこい。
無視して近くのバンクシーアートまで歩いたけどずっと付いてきた。
防弾チョッキ鳩はすぐ見つかったんだけど、兵隊をボディチェックする少女が見当たらない。
タクシーから離れようと壁の近くでスマホを見てると壁の上からリアルイスラエル兵にヘイユー!って怖い怖い...

ジュースを買ったお店で聞いてみるとその向かい側だと教えてくれる。
タクシーは最悪、普通の人優しいってインドと同じ感じ。

 

向かい側についても見当たらない。
と思ってたら、がっつり壁を囲ってお店が作られていて、ぱっと見で外から見えなくなっていた。バンクシーショップって。
f:id:yskp:20160919205418j:image
f:id:yskp:20160919205542j:image
f:id:yskp:20160919205606j:image

なんか、なんだかな、、

 

ついでに近くの博物館に行く。

外観は立派だけど展示は少なくて暑くて湿度高くて大丈夫なのかと少し心配。
イスラエル美術館との格差を感じた。
f:id:yskp:20160919205748j:image

まだタクシーおるし。

バス停まで戻ると別のタクシーが絡んできてもう最悪。
最後にはツバを吐きかけてきた。
なんなんここ。
パレスチナ自治区

 

そのまま歩いて生誕教会に向かう。
f:id:yskp:20160919210357j:image
こっちに坂道をあがっていく。

タクシーとうってかわってフレンドリーな人たちがたくさん。

f:id:yskp:20160919214557j:image

 

教会の入口はびっくりするほど狭かった。
f:id:yskp:20160919210508j:image
f:id:yskp:20160919210624j:image
中は絶賛工事中。

 

外に出てから左へ左へぐるっと回るとミルクグロット教会への道になります。

f:id:yskp:20160919210938j:image

 

帰りに3シェケルショップで裁縫セットを購入。
f:id:yskp:20160919211350j:image
f:id:yskp:20160919213649j:image

 

さらにバスでへブロンへ向かいます。

坂の途中に見えるバスターミナルのとこじゃなくて、大通り沿いにバス停というかバスがとまってました。

ベツレヘムまで乗ってきたバスを降りたところから、そのまま進行方向にまっすぐ進み大きな交差点を渡ったらすぐその辺です。


ドライバーはごきげん。

8シュケルほどでへブロンへ。

 
f:id:yskp:20160919213723j:image

抗議活動してて車が動かない。

アブラハムモスクはあっちだとドライバー促されて降りて歩いていく。帰りのバス停がどこか知っておきたかったんだけどな...

 

めっちゃ坂を上って、歩いて歩いて歩いて人がいなくて合ってるか謎で、でも案内板がちょこちょこあって、でも人が全然いなくて不安になるけど、20分くらいでやっとたどり着いた。
f:id:yskp:20160919212520j:image
f:id:yskp:20160919212637j:image
f:id:yskp:20160919212706j:image
f:id:yskp:20160919212759j:image
荷物検査を受けるとすぐに客引きが...

出てすぐ左側がムスリムサイド。
f:id:yskp:20160919212926j:image
ムスリムサイドに連れていかれるが何かやってて今は入れないと。


客引きをおいて先にユダヤサイドから入る。
f:id:yskp:20160919212402j:image

観光客はいなかったけどお祈りしてる人達が結構いた。
若い兄ちゃんが日本にもユダヤ教の施設あるんだよ~的なことを教えてくれた。
ここで祈ったら天に行けるんだと。

 
f:id:yskp:20160919214125j:image

外に出ると客引きに捕まる。
なんか貧困だとの情報を見ていたので断りきれず。
やたら今まで案内した人達との写真を見せてくる。
このパターン...!笑
5分も歩かないうちに、ドネーション
小さい紙幣がなくて断るとまじで本気で引かないこの人。
めんどくさい。
寄付として100シュケル渡してさよなら。

またグッドマントラを積んだぜ。
写真撮ろうとしたら逃げた。

 
f:id:yskp:20160919213252j:image

バス停でイスラエル兵士と喋った。
日本人はアングリーピーポーって言うのでそれは中国だと強く訂正しておいた。
日本人もユダヤ人も頭がいい。いつか日本に行ってみたい。妻に日本語でアイラブユーって言いたいから教えてくれ。イスラエルは気に入った?ユダヤ人は好き?

 

ユダヤ人はフレンドリーで静かで優しい。

 

エルサレムまで8シュケルほどで帰れた。
セントラルバスターミナルについたので、エイラトへのチケットを予約した。70シュケル
あとハンガリーからスウェーデンへの航空券の印刷もした。

2階の写真屋さんで印刷してくれます。
f:id:yskp:20160919213949j:image

路面電車に乗って宿に帰る。
このホテルなかなか快適かもしれない。

ホテルの前の広場に露店が並んでいた。

f:id:yskp:20160919214110j:image